第43回研究会(2018年11月17日 首都大学東京)

日時 2018年11月17日(土)14:00~17:00(予定)

会場 首都大学東京 南大沢キャンパス 本部棟1階 大会議室

京王線相模原線「南大沢」駅改札口から徒歩約5分
※改札口を出て右手に緑に囲まれたキャンパスが見えます。
http://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/map.html

プログラム

13:30 受付開始
14:00~14:35 譚笑(首都大学東京大学院生)
「WeChat を活用した交替反応時間の長い環境での発話活動の継続性に関する考察
-調査期間や調査対象者の組み合わせの調整を通して-」
14:35~15:10 劉 倩卿(一橋大学大学院生)
「中国語話者の⽇本語学習者による可能形式の過剰使⽤に関する再考
 −可能形式の過剰使⽤が簡単に避けられる」

15:10~15:30 休憩

15:30~16:05 黄健敏(武蔵野大学大学院生)
「非意図的な出来事に対する中国人日本語学習者の自他動詞の選択について」
16:05~16:40 南明世(名古屋大学大学院生)
「日本語複合動詞「V1-過ぎる」と中国語“V1-过头了” “V1-多了”の対照研究」

16:40~ 諸連絡など

17:30~ 懇親会(南大沢駅周辺にて)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中