第38回研究会プログラム

 

日時 2017年3月4日(土)13:00~17:30

会場 名古屋大学 東山キャンパス全学教育棟406号室
(アクセス)
名古屋駅からで地下鉄東山線に乗り、本山駅で乗り換えて名古屋大学駅で下車。http://lang.nagoya-u.ac.jp/map.html
駅から教室までのアクセス
nagoya

プログラム

12:30 受付開始

13:00~13:40 疏 蒲剣(名古屋大学大学院生)
「数量や程度が小さいことを表す表現の対照研究
―「少し」、「ちょっと」と“有点儿”、“一点儿”について―」

13:40~14:20 馮 亜静(名古屋大学大学院生)・玉岡 賀津雄(名古屋大学)
「外国語としての日本語を学習する条件でのオノマトペの擬音語から擬態語への意味拡張に関する真偽」

14:20~15:00 王 冠亮(南山大学大学院生)
「学習者が犯した誤用の原因は何か―対のある自他動詞を中心に―」

15:00~15:20 休憩

15:20~16:00 張 銘(北京外国語大学大学院生)
「認知言語学による「きも」及びそれに関する慣用句の意味分析
――中国語の「肝、胆」との対照をかねて」

16:00~16:40 黄 叢叢(明治大学大学院生)
「中国人日本語学習者の同形語と和語動詞の連語形式の習得」

16:40~17:20 譚 笑(首都大学東京大学院生)
「中国の大学におけるWeChat を活用した交替反応時間の長い環境での発話活動
―3、4 年生の日本語学習者を対象として―」

18:00ごろ  懇親会


 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中