第30回研究会(2014/10/10) シンポジウム「中国的日本語研究:新たな展開」

第30回研究会は、日本語音声コミュニケーション研究会、日中言語研究と日本語教育研究会との合同シンポジウムという形で開催いたしました。

日時:

2014年10月10日(金)

場所:

富山県高岡文化ホール 第2会議室

プログラム (敬称略) 
司会 定延利之(神戸大学)
開会の挨拶 13:00-13:05 定延利之(神戸大学)

第1部 新しい文法研究の開拓 13:05-15:20
劉志偉(首都大学東京)13:05-13:50
「(準)標準語文法項目の指導について」
彭広陸(中国 東北大学秦皇島分校)13:50-14:35
「品詞としての接続詞をめぐって―中国語母語話者の視点から」
庵功雄(一橋大学)14:35-15:20
「中国語母語話者の母語の知識は日本語学習にどの程度有効か―「的」を例に」

休憩 15:20-15:30

第2部 話しことば研究の拡充 15:30-17:00
揣迪之(北京外国語大学院生)・徐一平(北京外国語大学)15:30-16:15
「マーカーに注目する中日感嘆文に関する一考察―“多么(DUOME)”型と「なんと」型をめぐって」
朱春躍(神戸大学)16:15-17:00
「日本語・中国語調音上の相違―MRI動画による観測」

休憩 17:00-17:10

第3部 コーパス研究の拡充 17:10-18:40
于康(関西学院大学)17:10-17:55
「正誤タグ自動付与、研究用タグ自動識別機能付きTNR_ErrorCorpusConc2014と日本語の習得研究」
曹大峰(北京外国語大学)17:55-18:40
「対訳データの利点と盲点―コーパス利用法の研究」

総合討議 18:40-18:55

閉会の挨拶 18:55-19:00 中俣尚己(京都教育大学)

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中