第35回研究会(2016/3/5)

日時:

201635日(土)

場所:

名古屋大学(東山キャンパス)

プログラム:

12:30 受付開始

<研究発表>

13:00~13:45 西坂 祥平(名古屋大学大学院生)
「日本語と中国語における「変化」と「存在」の表し方の違い ―L1産出データからの考察―」

13:45~14:30 孟 盈(首都大学東京大学院生)
 「中国語母語話者における和語動詞の産出について ―KYコーパスにおける英語母語話者との比較―」

14:30~14:45 休憩

14:45~15:30 植松 容子(昭和女子大学)
 「中国語母語話者は「ようになる」と何を類義表現として捉えるか ―中国語母語話者を対象とした「ようになる」の記述に向けて―」

  <招待発表>

15:30~16:15 吉永 尚(園田学園女子大学)
「心身の状況を表す擬態語の習得についての考察 ―中国語話者の作文をもとに―」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中