第25回研究会(2013/3/30)

日時:

2013年3月30日(土)

場所:

国際大学 C102教室

プログラム:

<招待発表>

13:30~14:15 庵功雄(一橋大学)
「漢字語研究の重要性―日中韓双方向言語教育の方法論構築のために―」
14:15~15:00 張麟声(大阪府立大学)
「対照研究、誤用観察、検証調査の三位一体モデルにおける対照研究の
研究方法について」
15:00~15:15 休憩

<研究発表>

15:15~16:00 李湘琴(大阪府立大学大学院生)
「日本語受動文の習得にみられる中国語学習者の母語の影響」
16:00~16:45 山木眞理子(大阪府立大学大学院生)
「中国語話者を対象とした場所を表す格助詞「ニ」と「デ」の習得研究
―言語運用場面における実態の考察―」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中