第14回研究会(2009/12/19)

日時:

20091219日(土)

場所:

名古屋大学東山キャンパス

プログラム:

丸尾 誠 (名古屋大学)「中国語の方向補語について――日本人学習者にとって分かりにくい点――」

稲垣 俊史 (大阪府立大学)「中国語話者による日本語の移動表現の習得について」

陳 昭心 (広島大学大学院生)  「「ある/いる」の「類義表現」としての「結果の状態のテイル」――日本語母語話者と中国語を母語とする学習者の使用傾向――」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中